幻の王女チャミョンゴ


時は西暦18年、漢の支配下にある楽浪。太守ユ・ホンの悪政に民の不満は募り、朝鮮族の将軍チェ・リ(ホン・ヨソプ)とワン・ゲン(ナ・ハニル)は朝鮮国を復興させることを計画する。そんな中、チェ・リの2人の夫人が出産を迎える。天文官チャムク(アン・ソクファン)はチェ・リの娘が楽浪を滅ぼすと予言、太守はチェ・リに産まれてきた娘を殺すよう命じる。そして、夫人たちは共に、女児を出産するが、わが子を王にしたい第二夫人ワン・ジャシル(イ・ミスク)の画策によって、第一夫人モ・ハソ(キム・ソンリョン)が産んだ女児が殺されることに。 祖国のために愛した男を倒す宿命を背負った王女チャミョンと、愛のために祖国を裏切る宿命を背負ったもう一人の王女ラヒ(パク・ミニョン)、二人の狭間で葛藤する高句麗の王子ホドン(チョン・ギョンホ)が織り成す悲しい愛と運命の物語。



□作風:大ヒット作「朱蒙」(06-07年)。ムヒュル(ソン・イルグク)を主人公にした「風の国」(08年)。09年、これに続く大型時代劇として、チュモンの血を受継ぐ王子ホドン(チョン・ギョンホ)と、隣国・楽浪の2人の王女チャミョン(チョン・リョウォン)とラヒ(パク・ミニョン)が繰り広げる悲しき愛の物語。
□韓国での放送情報:2009年3月10日~2009年7月21日
□監督/演出:イ・ミョンウ
□脚本:チョン・ソンヒ
□あらすじ:全39話
□放送局:韓国SBS
□出演者:
□動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>