蒼のピアニスト

貧しい生活を送っていた少年ジホ(チュ・ジフン)は、祖母の死によって孤児となり、父と名乗る大手楽器メーカーの会長マンセ(チョ・ミンギ)と出会う。 マンセにはかつてピアニストだった妻ヨンラン(チェ・シラ)との間に、音楽才能に恵まれた息子イナ(チ・チャンウク)がいたが、別の女性に産ませたジホを引き取り育てることに。 さらに絶対音感を持つジホを次期会長として指名することを考えていた。 イナは、そんな父の期待を一身に受けるジホに激しく嫉妬心を燃やしていた。 一方、ヨンランはイナに託した夢がジホに奪われていくことに焦りを感じ始め…