完璧なスパイ

北朝鮮保衛部私の序列 7位のイ・ムノクが政権継勝過程で失脚する。 粛清を避けるため韓国に亡命したイ・ムノクは、CIA韓国支部の諜報員と接触する。アメリカのスパイとして働き、北朝鮮内に組織を作って、アメリカにその名簿を渡して亡命するはずだった。 しかし、アメリカ諜報員と接触するがサンジュンとチョンソプによって殺されてしまう。彼の持っていた名簿がヒョクボム(キム・フンス)の手に渡り、それが原因で、さまざまなトラブルに巻き込まれていく…。