狂気の愛

ミソ(パク・ソニョン)は愛妻家の夫ミンジェ(ホ・テヒ)と一人娘へラム(イ・チェミ)と幸せに暮らしていたが、息子を産めないという理由で、しゅうとめミョンジャ(ユ・ヘリ)からミンジェとの離婚を迫られていた。そんなある日、ミンジャの誕生日パーティーが開かれるが、そこにはミンジェと同じ会社で働くナヨン(キム・ヨンジュ)も招待されていた。実は彼女は、幼いころミソと同じ施設で育ったが、ある出来事をきっかけにミソと人生が逆転していたのだ。それ以来、ミソに対して復しゅう心を抱き続けたナヨンは、ミソを陥れるためミンジェを誘惑する。そんな中、ミソは養父の借金問題を解決してほしいと弁護士ギョンス(コ・セウォン)に依頼していた。生活に疲れ果てていたギョンスは、相談を受けるうちに前向きに生きるミソの姿に次第に心を奪われていく。そんなある日、ナヨンの策略によりヘラムが行方不明になってしまい…