輝くか、狂うか

高麗初期。皇宮に不幸を招くという破軍星の下に生まれた皇子ワン・ソは皇宮を追われ、金剛山で育つ。ワン・ソの父、ワン・ゴンは権力争いの絶えない皇宮を建て直すため、ワン・ソを呼び戻すが、自身は何者かに暗殺されてしまう。王建暗殺の犯人を追って中原の開封にやって来たワン・ソはその地で渤海最後の王女、シンユルに出会い・・・