ホジュン 宮廷医官への道 

16世紀中期の朝鮮時代、愛人の子として生まれ、密貿易・身分違いの結婚という大罪を犯したホ・ジュン(チョン・グァンリョル)が、逃亡先で師匠となるユ・ウィテ(イ・スンジェ)と出会ったことによって、「心医」の道を志す。さまざまな困難に苦戦するが自分の正しさを信じ、自らの道を突き進む強い意志の持ち主。献身的な治療で、多くの人々を救うためにひとつでも多くの病の治療法を見つけるためにホ・ジュンは奮闘する。