ミセン-未生

チャン・グレは幼い頃から棋士を目指していたが、父の他界を機に大学にも行けず、26歳になってもバイトにあけくれていた。しかし母の伝手で、大手総合商社にインターンとして入社するが、学歴もないグレはコピーの取り方すらわからず遅れをとっていた。しかし同期とチームを組んでのプレゼン発表で合格点を獲得し2年間の契約社員として入社するが・・・

メリは外泊中

恋愛には縁遠くキスも未経験の女子大生ウィ・メリ(ムン・グニョン)は、音楽&映像プロデューサーのジョン・イン(キム・ジェウク)との政略結婚をさせられそうになり、偶然出会ったインディーズバンドのボーカル、カン・ムギョル(チャン・グンソク)と偽装結婚してしまう。 しかし、危機に陥った父を助けるためには、「2人と100日間の二重疑似結婚生活を送った後に、1人を選ぶ」という条件をのむのだが…。メリは2人の男性と過ごすうちに愛と葛藤が芽生えて…

幻の王女チャミョンゴ

時は西暦18年、漢の支配下にある楽浪。太守ユ・ホンの悪政に民の不満は募り、朝鮮族の将軍チェ・リ(ホン・ヨソプ)とワン・ゲン(ナ・ハニル)は朝鮮国を復興させることを計画する。そんな中、チェ・リの2人の夫人が出産を迎える。天文官チャムク(アン・ソクファン)はチェ・リの娘が楽浪を滅ぼすと予言、太守はチェ・リに産まれてきた娘を殺すよう命じる。そして、夫人たちは共に、女児を出産するが、わが子を王にしたい第二夫人ワン・ジャシル(イ・ミスク)の画策によって、第一夫人モ・ハソ(キム・ソンリョン)が産んだ女児が殺されることに。 祖国のために愛した男を倒す宿命を背負った王女チャミョンと、愛のために祖国を裏切る宿命を背負ったもう一人の王女ラヒ(パク・ミニョン)、二人の狭間で葛藤する高句麗の王子ホドン(チョン・ギョンホ)が織り成す悲しい愛と運命の物語。