野王

12年前、装蹄師になるために牧場で働いていたハリュ(クォン・サンウ)は、7年前に孤児院で一緒に暮らしていたダヘ(スエ)と再会する。2人は程なく愛し合うようになるが、人には言えない秘密を共有し時を過ごしていた。大学生になったダヘは、就職活動で面接に向かう途中に靴を片方無くしてしまうが、そのまま向かうことに。面接を終えて落ち込むダヘの前に、無くした靴を持った大企業の御曹司ドフン(ユンホ)が現れ…