優しくない女たち

料理研究家として名を馳せているスノクは、若い頃の苦労を経て、2人の娘や孫娘と平和な日々を送っている。長女のヒョンジョンは一流アナウンサーとして活躍。次女のヒョンスクは問題を起こしてばかりだが、素直で純粋な性格の持ち主。そんなヒョンスクが唯一自慢できるのは、娘のマリ。マリは学生時代から優等生で大学専任教授を目指して頑張っていた。しかしある日、4人の人生に一大危機が訪れ・・・

花咲く春には

前科者の祖父イ・ジェシク(イ・スンジェ)と詐欺師の父ドクス(キム・ガプス)をもつ息子のイ・ジョンド(パク・コニョン)は、検事出身の弁護士である。そんなジョンドは、祖父の理髪店の片隅で細々と弁護士活動をしていた。 ある日、街の再開発のために貯めていたお金が紛失する事件が起こる。その後も事件が度々発生するが、捜査は行き詰まった状況だった。そんな時、ジョンドは検事をしていた時の同僚で冷酷なジュンギ(キム・ナムギル)の父の会社が事件の背後に絡んでいることを知り…

ランラン18歳

権威ある坡平ユン家の血筋のユン・ジョンスク(ハン・ジヘ)は、ストレス発散のためクラブへ行く。ところが、未成年者のジョンスクは、28歳のエリート検事クォン・ヒョクチュン(イ・ドンゴン)に補導されてしまう。 ある日、昔親同士が決めた結婚相手との顔合わせの席で、ジョンスクはヒョクチュンと再会する。ジョンスクはヒョクチュンと必ず結婚すと決心し、ヒョクチュンの家に行き、掃除や洗濯など家事を手伝い始めるが…

ホジュン 宮廷医官への道 

16世紀中期の朝鮮時代、愛人の子として生まれ、密貿易・身分違いの結婚という大罪を犯したホ・ジュン(チョン・グァンリョル)が、逃亡先で師匠となるユ・ウィテ(イ・スンジェ)と出会ったことによって、「心医」の道を志す。さまざまな困難に苦戦するが自分の正しさを信じ、自らの道を突き進む強い意志の持ち主。献身的な治療で、多くの人々を救うためにひとつでも多くの病の治療法を見つけるためにホ・ジュンは奮闘する。

馬医

時は17世紀。医官カン・ドジュンとイ・ミョンファン(ソン・チャンミン)、医女チャン・インジュ(ユソン)の3人の若者は身分を超えた絆で結ばれていたが、朝廷内の陰謀に巻き込まれてその友情は無残に崩れ去る。イ・ミョンファンの裏切りによって、カン・ドジュンは世子(セジャ)暗殺の罪をかぶせられ処刑される。罪人の息子として生まれたクァンヒョン(アン・ドギュ)は処刑されそうになるが、女児なら処刑を免れるため、カン・ドジュンを慕う奴婢(ぬひ)ペク・ソック(パク・ヒョックォン)が自分の娘チニョンとすりかえる。一命を取り留めたクァンヒョンは、やがて腕利きの馬医へと成長していく。