ミセン-未生

チャン・グレは幼い頃から棋士を目指していたが、父の他界を機に大学にも行けず、26歳になってもバイトにあけくれていた。しかし母の伝手で、大手総合商社にインターンとして入社するが、学歴もないグレはコピーの取り方すらわからず遅れをとっていた。しかし同期とチームを組んでのプレゼン発表で合格点を獲得し2年間の契約社員として入社するが・・・

男が愛する時

ヤクザに拾われ荒れた生活をしていたハン・テサン(ソン・スンホン)は、ある日、借金の取り立て先でその家の娘ミド(シン・セギョン)に出会う。抵抗する彼女に昔の自分の姿を重ねたテサンは、借金を見逃して学費を支援してやることにする。その矢先、命を狙われたテサンを守ろうとチャンヒ(キム・ソンオ)がボスを殺害してしまう。7年後、テサンは事業家として成功し、チャンヒの弟ジェヒ(ヨン・ウジン)の援助もしていた。しかし、いまだ貧しさから抜けられずにいるミドに再会。彼女を会社に就職させるテサンだったが、ミドは偶然出会ったジェヒと惹かれ合うようになり…